HOME>トピックス>導入を考えているけどどこに依頼すべきか迷っているなら

レンタルするとコスト削減

その他

エステサロンや介護施設にクリニック、美容室などといった施設は毎日、大量の洗濯物が発生します。そこで業務用洗濯機が必要になります。業務用洗濯機そのものの価格は家庭用の価格より二桁ほど高くなります。設置するのにも費用がかかります。そこで業務用洗濯機をレンタルするサービスが存在します。レンタルならわざわざ、購入しなくてもすみます。それに必要なのは月々の使用した金額などや他の費用で支払い額は購入額より少なくてすみます。

レンタルとリースの違い

主婦

簡単な違いはレンタルは短期、リースは長期と考えておきましょう。レンタルの場合は数か月の期間、使う時にお得になります。リースは数年かけて購入代金を返済していく仕組みになっています。だから、長期利用が前提となります。リース会社が業務用洗濯機の購入代金を負担してくれるので初期費用を抑えることが可能となります。だけど、誰でも利用できるレンタルと違ってリースには審査が必要です。

デメリットに注目

業務用洗濯機をレンタルすると期間を短くしたり途中で返却したりすることも可能です。規約によってはキャンセル料などが発生することもあります。だけど、利用する側で変更することができます。リースなら長期返済義務が発生するので途中解約が不可能です。リースの場合、どうしても途中解約するのなら残りのリース料金は一括支払いして強制終了するしか方法がありません。その点を考慮して導入を考えておきましょう。

広告募集中